不動産売却の流れ

不動産売却、わからないことが多く不安になりがちですね。
パンダ不動産は、不動産売却をしっかりサポートさせて頂きます。
わからないことは、なんでもお気軽に聞いて下さいね。

STEP1、情報収集

売却したい不動産がどれくらいの価格で売れるか周辺相場を調べましょう。
売却したい不動産と近い条件の物件がいくらで売れているかを確認しましょう。
偶々高めで売れた等の場合もあるので、売却事例が多いほど正確な相場感を把握することが出来ます。

STEP2、売却相談

不動産会社に売却相談をしましょう。
その際、事前に必要な書類があると話がスムーズに進みます。
●所有物件の物件概要書
●登記事項証明書(登記情報)
●固定資産税納税通知書
●間取り図及び敷地測量図
●その他

STEP3、売却物件の査定

不動産会社に査定をして貰いましょう。
査定には、机上査定訪問査定の2つがあります。
机上査定は、訪問せずに不動産概要や過去の成約事例を基に算出したものです。
訪問査定は、訪問して内部の状態を加味して算出したものです。
リフォームやリノベーション、設備面の更新がある場合は、プラス査定となります。
査定額の精度は、訪問査定の方が高くなります。

STEP3、媒介契約の締結

正式に売却活動を依頼します。この時、売主と不動産会社で結ぶのが媒介契約です。
媒介契約には、専属専任媒介専任媒介一般媒介の3種類があります。
それぞれ特徴がありますので、詳しく説明を受けましょう。

STEP4、不動産の売却活動を開始

媒介契約の締結が終わると売却活動を開始します。
問い合わせがあれば、買主に物件の説明やご案内を致します。
居住中の場合は、立ち合いをお願い致します。
内覧当日までに、室内や庭の清掃をしておくと、良い印象を持って貰えます。

STEP5、売買契約の締結

買主が現れたら、売主と買主で条件面(金額面、引渡し条件面等)を調整します。
売買契約書に、売主・買主双方が署名捺印します。買主から売主に手付金を支払いが完了すると売買契約が成立致します。以後は契約書の内容に従い、権利や義務を履行することとなります。

STEP6、物件引渡しの準備

買主が、ローン利用の場合は、買主のローン承認結果を待ちます。
金融機関からお金を借りられる日が決定してから、残代金のお支払いと物件引き渡しの日取りを決定致します。

STEP9、残代金のお支払い・物件の引き渡し・登記申請手続き

所有権移転登記を、代行する司法書士(買主側が用意するのが一般的です)にて行ないます。
残金のお支払いと同時に物件の引き渡しとなります。