リアル三丁目の夕日

福岡県久留米市の老舗食堂「松尾食堂」に行って来ました。「沖食堂」、「ひろせ食堂」とともに「久留米三大食堂」と言われています。

1931年(昭和6年)8月15日創業
昭和6年といえば、発動機製造株式会社(現ダイハツ工業株式会社)が、オート三輪(つばさ号)を製造販売してた頃です。
現在の建物は、昭和20年の久留米大空襲で焼失したものを昭和28年に再建したものです。

映画ALWAYS 三丁目の夕日が、昭和33年頃の東京の下町を舞台にしているので、時代的には同じ頃の建物です。
昭和レトロの佇まいは、まさにリアル三丁目の夕日

親子丼を注文しました。
有田焼の器にも大変歴史を感じます。

昭和にタイムスリップした感覚に陥ります。
歴史を噛みしめながら頂きました。
ごちそうさまでした。